本物にふれる

本当の力をつける

SOKEI GRADUATE COURSE

トップ > 研究科について

研究科について

本物にふれる
本当の力をつける

指導するのはすべてプロのクリエイター。
一歩一歩ともに歩む姿勢で創造するよろこびを伝え、
眠っている才能とゆるぎない力を引き出します。

ひとりひとりにとって
心地よい学びの場がここにあります。

プロに学ぶ高度で専門的なスキルを習得。

研究 就職 進学

創形美術学校の研究科は「研究」「就職」「進学」で構成されています。

研究科 1年制 [昼間部]

創形美術学校の研究科は、本校あるいは大学や専門学校などを卒業された人や社会人を対象として、より専門的なアートやデザインの研究活動を行うための場として設けられた1年制の研究課程です。

自在な授業選択による主体的研究。

恵まれた制作環境の中で、さまざまな分野のプロによる指導を通して、高度で専門的なスキルが習得できます。さらなる表現技術の研鑽を目的として、専攻分野の枠を意識することなく授業選択が可能なため、自身のテーマに合わせて自由に研究できるのも大きな特徴です。

2つの課程・5つの専攻分野

研究科は、学ぶ目的に合わせて2つの課程から選択できます。

アート・デザイン専門課程

・絵画造形専攻分野
・版画専攻分野
・イラストレーション・絵本専攻分野
・グラフィックデザイン専攻分野
・アニメーション&コミック専攻分野

美術進学課程

・絵画造形専攻分野
・版画専攻分野
・イラストレーション・絵本専攻分野
・グラフィックデザイン専攻分野
・アニメーション&コミック専攻分野

目的に合わせたステップアップの場。

創形美術学校の研究科は主体的な研究活動を目的としているため、各々の目的に合わせたステップアップの場として活用できます。研究テーマをより深く掘り下げ、作家として独り立ちを目指す人や、ビジネスに必要なデザインスキルを習得して就職につなげる人、美術系大学院へ進学する人や、海外留学を目指す人など様々な研究生が学んでいます。また、さらに研究を深めるために研究科研修生として複数年間在籍することもできます。

※研究科は、大学・短大、あるいは専門学校を卒業または卒業見込みであることが入学の条件となります。詳しくは募集要項をご覧ください。

充実した環境と設備

創形美術学校は西池袋の学生街に位置し、地下1階から地上9階のスタイリッシュな校舎が公園に面して建てられています。1階のギャラリーにて常時多彩な企画の展覧会を開催し、日頃からアートやデザインを身近に感じる環境が備わっています。またコンピュータールームはいつでも使用が可能で、パソコンやプリンターなどの周辺機器も自由に使用できるほか、少人数制の学校ならではの余裕あるスペースなど、充実した環境と設備があります。特に版画工房は都内最大規模の大きさを誇り、四版種全ての制作が可能な設備が整っています。